辞めてからの転職は焦ります!

在職中に転職先を探す場合と仕事を辞めてから仕事を探す場合

転職の方法には二種類あります。一つは、在職中から転職先を探して転職する方法、もう一つは今の会社を辞めてから仕事を探す方法です。前者は仕事の空白期間が生じないため、収入がなくなる時期がありません。理想の仕事を見つけて意気揚々と新しい職場で働いているかもしれません。ただし、気をつけた方がよい点として、前の職場での辞め方があります。転職を考えた時点で辞めるかもしれないといううわさが広がると、仕事がしにくくなると思うので、転職先がはっきり決まるまで目立たないように探しましょう。しかし、突然辞めると会社の仕事に支障がでる恐れがあります。できれば人関関係は良いまま辞めたいものすね。そこである程度の時期になったら信頼できる人にはその旨を伝えておくとよいと思います。辞めると伝えて次の日から行かないのではなく、徐々に仕事の引き継ぎができるようになれば理想的です。

後者の場合には、さまざまな事情があると思います。自分で辞めたいと思わなくても会社が倒産したりすれば嫌でも次の仕事を探さなければなりません。辞めてから次の仕事をを探す場合には、無収入の時期ができる可能性があります。転職先を見つける方法には、公的支援を利用する方法もあります。ハローワークを活用したり、失業手当の申請を行うなどして対策を考えましょう。インターネットなどでも転職支援サイトが数多くあるので登録するとよいと思います。これらは転職先の紹介だけではなく、転職の時の履歴書や職務経歴書の記入方法や、面接での注意点なども教えてくれるので是非利用してみてください。

注目情報