辞めてからの転職は焦ります!

辞めてからではなく在職中に転職への行動をとりましょう

転職するのを決めてから、いつ次の仕事を決めるのかというのは悩むところです。私個人としては、在職中に次の仕事を決めてから退職する方が良いという意見です。考えてしまって行動までに時間を費やしてしまいがちですが、経験やスキルが重要視される仕事以外は年齢も大切な条件になってくるので、決断を先延ばしにするのはお勧めできません。

面接を受けた時に、まず聞かれるのが「今お仕事されていますか」でした。辞めてから仕事を探す方が時間的余裕もあります。実際に転職する前は、体力的にも精神的にも負担がかかると思っていました。しかし、面接官によっては「後先考えずに辞めてしまった」とか「採用してもまたすぐにやめてしまうのでは」と考えているようです。転職する目的を明確にしておけば、辛いと感じることは少ないです。経済的に苦しくなって適当に仕事を決めてしまう場合もあるため、転職するなら在職中に次の仕事を探す方が良いです。

現在の仕事への意識や見方も変わってくるかもしれません。転職を考えていたけれど、活動してみたら転職しない方がなりたい自分になるための最適な手段だったということもあるでしょう。なぜ転職したいと思ったのかということを履歴書や面接を受けていく中で明確になりますから、自分を見つめなおす良いきっかけにもなります。辞めることはいつでもできます。自分のために転職するのですから、いかに自分にとって良いところに行けるかを考えて行動していいと思います。